借地権と土地活用

はじめに、借地権とはどのような権利かご存じでしょうか。
借地権とは、建物の所有を目的に地主から土地を借りて使用する権利で、借地借家法の法律によって、さまざまなことが決められています。多くの土地を保有している地主にすれば、更地のままにしておくことは、保有コストがかかってしまいます。
更地で保有している場合は税金の軽減措置の対象にならないため、固定資産税や相続税の節税を考えるとあまりよい方法とはいえません。
このような場合に、借地権という形で土地を貸すことにすると、地代や更新料という収入を得られ、さらに節税対策にもなります。
ここ最近では次々と増税されていく中、暮らしはどのように変わっていくのかと、将来に不安を抱える人も多いのではないでしょうか。
老後の資金を準備しマイホームを所有し、年金をもらって安心して暮らしたいと誰もが思うでしょう。

しかし、これからの暮らしは変わり、蓄えた資産も不動産も税金の改正によって、相続税の対象になるかもしれません。そんな中、「不動産投資で相続税対策」「賃貸住宅の経営で節税」といった記事を目にすることも増え、不動産投資や土地活用をして、将来に備えておく必要性を感じる人も多くいます。
また、借地権者においても、親から借地を相続したという人もいるでしょう。
そのような場合も土地の活用を考えなくてはいけません。さまざまな事情により、借地権の土地に引き続き住むことがない場合は、売却や譲渡などを考えることになります。
借地権も十分な資産価値があり財産のひとつです。将来のためにも、借地権について考えてみましょう。

[PICK UP SITE]
借地権の買取りや売却などの相談が無料で行えるサイトです → 借地権 買取り

Copyright © 2014 借地権に関する情報 All Rights Reserved.